突然トイレが壊れた

水漏れのイメージ
水漏れのイメージ

ある日、一階トイレを済ませ「小」ボタンをおしても動きません。あれっ?どうしたんだろう。今度は「大」をおすも、水はチョロチョロ流れるだけです。まさか壊れたんじゃないか焦りました。

しまいこんであった取扱い説明書の該当箇所を読み込み、試せることはやってみました。水圧の元栓を開閉し様子をみたり、バケツに水をくみ高い位置から落としてみたり。ホームセンターですっぽんも購入しましたが、使い方がよく分からず素人の手には負えない状態になりました。

したかなく、施工会社へ連絡すると水道関係の工事をしてくれた業者さんと連絡をとりあうことができました。電話で色々指示を出してくれましたがやはり動かず、直接来てくれることになりました。

調べた結果、トイレタンク内部の故障が分かりました。実は私が節水目的でタンク内にペットボトルを入れていたのです。こうすると少ない水でタンクの水量が溜まるので水の節約になると昔、雑誌で読んだことがあったのです。しかし、今回の故障はこのペットボトルが原因だとのこと。私は良かれと思ってやっていたのでまさかの事実に恥ずかしさを覚えました。

また、業者さんにすっぽんのつかい方も教わりました。どうやら正式名称はラバーカップというようです。まずゴム部分が水に浸かっていることを確認したら、排水口に対してラバーカップを水平にしながらゆっくり押す。そしてゆっくり押していき、「これ以上押せない」ってなったら勢いよく引き抜くとよいそうです。

今回のトイレ故障で、二階トイレのタンク内のペットボトルを引き抜いたのは言うまでもありません。

参考:http://suidoukonsheruju.com/how-to-toilet-water-leakage

横浜ならおすすめの業者です!