Category : トイレの豆知識

トイレのポンプ修理の経験

五年程前になりますが、当時借りて住んでいた借家のトイレが壊れたことがあります。トイレは一階と二階とに一つずつありましたので一階のトイレが壊れて二階のトイレで助かりました。
一階のトイレは物理的な設計のTOTOの水洗トイレです。割と古い型のトイレかもしれません。
詰まりが原因で派生したポンプ機能の故障でした。

詰まりを取ろうとしてかかる圧力の負担が重なってポンプの上部が壊れたのです。
最初はふとした瞬間に物がトイレの便器に入ってしまい、詰まったので器具を使用して圧力をかけて詰まりを取ろうとしていました。
何度も負荷がかかったので次第にポンプ機能が故障しました。トイレのポンプは水を流すレバーを引くと水を溜めているポンプの底の口が開いて水洗され、レバーが戻ると底の口がまた閉じて水が溜まり始めます。

そして水が一定の高さまで溜まると自動的に器具によって水の供給が止まる設計のものでした。電機操作で動くものではなく水を物理的に一定に溜めて使用する設計のトイレでした。
詰まりが原因なのですが水洗力が次第に落ちて水を足して流してやっと水洗ができるというという状態でした。ですので水道水が無駄に必要になってしまいました。
水道から桶で水を溜めてトイレに持ち込んでは流すことをしていました。しかし水を一定まで正確に測る器具も壊れだしました。これはいけないだろうと上部をパーツを交換して修理しました。

水洗力があるようにすること・貯水がスムーズになること・貯水が一定にできれば正確に水の供給が停止することが修理の課題でした。
とくに水を一定に測ることができるパーツの修理に時間がかかりました。後に便器の水の通りも悪くなってしまい結局便器全体を丸ごと取り替えることになりました。
あまり詰まったからといって無理な圧力を加えないほうが修理にはよさそうです。
詰まりをこじらせると全体的な故障になってしまうこともあるようです。


トイレ掃除中にしまった・・・!

ある日の午後、いつものように会社の和式トイレを掃除中、スポンジが先に付いているたわしで擦っていたら、奥の方に汚れを発見!ゴシゴシとやっていたらパキッと嫌な音が・・。引き抜くと先のスポンジがない!しまった折れてる~。

慌てて覗き込みましたが、良く見えず。折れた柄を持ってかき出してみましたが、スポンジのカスがとれるだけでダメでした。
押し込んでみようとまた柄を使ってみましたが、反応なし。

流してみようとレバーを引いたら水は流れましたが、明らかに様子がおかしいと思い、広告にあった水道110番のような業者に電話しました。
すぐ来てくれると思っていたのですが、立て込み中とかで1時間待ちと言われましたが、待つしかなくて。その間も社員がトイレにやってきますが、事情を話し外のトイレへ行ってもらいました。

1時間後、お兄さんやってきて、原始的なすっぽんでやりはじめました。これで取れたらいいような?悪いような?でもやっぱり取れず。
そして、業務用のバキュームみたいな機械登場です。期待してみてたのですが、思うように取れない。

時間が経過するにつれ、これでダメだったら分解です。の言葉がちらつき、ヤバイなぁーと思っている間もやって来る社員。ごめんなさーいと謝り、祈るように見守った1時間。
ズーズーズーと期待値100の音が!取れました~。やったー良かった。試しに流してみましょうとお兄さんは、トイレットペーパーを巻き取り、捨ててレバーを引くと、いつもの音と共にジャーと気持ちよく流
れていきました。