Category : ポンプまわりのこと

トイレのポンプ修理の経験

五年程前になりますが、当時借りて住んでいた借家のトイレが壊れたことがあります。トイレは一階と二階とに一つずつありましたので一階のトイレが壊れて二階のトイレで助かりました。
一階のトイレは物理的な設計のTOTOの水洗トイレです。割と古い型のトイレかもしれません。
詰まりが原因で派生したポンプ機能の故障でした。

詰まりを取ろうとしてかかる圧力の負担が重なってポンプの上部が壊れたのです。
最初はふとした瞬間に物がトイレの便器に入ってしまい、詰まったので器具を使用して圧力をかけて詰まりを取ろうとしていました。
何度も負荷がかかったので次第にポンプ機能が故障しました。トイレのポンプは水を流すレバーを引くと水を溜めているポンプの底の口が開いて水洗され、レバーが戻ると底の口がまた閉じて水が溜まり始めます。

そして水が一定の高さまで溜まると自動的に器具によって水の供給が止まる設計のものでした。電機操作で動くものではなく水を物理的に一定に溜めて使用する設計のトイレでした。
詰まりが原因なのですが水洗力が次第に落ちて水を足して流してやっと水洗ができるというという状態でした。ですので水道水が無駄に必要になってしまいました。
水道から桶で水を溜めてトイレに持ち込んでは流すことをしていました。しかし水を一定まで正確に測る器具も壊れだしました。これはいけないだろうと上部をパーツを交換して修理しました。

水洗力があるようにすること・貯水がスムーズになること・貯水が一定にできれば正確に水の供給が停止することが修理の課題でした。
とくに水を一定に測ることができるパーツの修理に時間がかかりました。後に便器の水の通りも悪くなってしまい結局便器全体を丸ごと取り替えることになりました。
あまり詰まったからといって無理な圧力を加えないほうが修理にはよさそうです。
詰まりをこじらせると全体的な故障になってしまうこともあるようです。


ポンプの修理について

これは最近の話となりますが、トイレの水がうまく流れない事態が発生をしました。自分たち家族はどうしようか相談などを行い、自分が中の蓋を開けて中身を拝見させていただきました。

パイプ同士をつなぎとめているボルトはしっかりとしまっていたのですが、それでも水を流したときに配管から激しい水漏れが発生をしたのです。自分はボルトを取り外して、配管の中身をかくにんさせていただきました。

それでわかった原因でありますが、パッキンの劣化による水漏れでありました。パッキンを確認してみると使用期限などはまだまだあったのですが、それでも損傷が激しく、水漏れを発生させていたのです。

自分は鉄道関係の仕事をさせてもらっております。それで自分がおこなっている業務は電車内の水道の配管関係のお仕事をさせていただきました。

会社に申し込みをして、配管用のパッキンを取り寄せを行い、それで自分で修理をさせていただいたのです。それ以外の故障であれば、自分は業者にお願いをしようかと考えましたが、パッキンの損傷だけが今回の故障の原因であったので何とか自分で対処をおこなうことができました。

トイレというのは自分たち人にとって非常に身近な存在であるので、いざというときにいつでも修理ができるように今後はパッキンやボルトの材料などをあらかじめ取り寄せて、いつでも修理ができる体制をとるようにしております。